仙台無駄学

「で?」を楽しむ

宮城の民話 〜瓜子姫子〜

f:id:nazison:20160429141956j:plain

やぁ、みんな。
無理やり小学生の頃のじゆうちょうから引っ張り出された"二口つぐむ"だよ。
なぜかボクは二つ口があるんだ。よろしくね。
 

f:id:nazison:20160429142430j:plain

だはは!相変わらず気持ち悪っ!
おらは"並田ツネ"!よろしくな!

f:id:nazison:20160429141956j:plain

ツネくんはいつも涙が止まらない子なんだけどいいやつだからよろしくね。

f:id:nazison:20160429142430j:plain

別に悲しいわけじゃないんだよ!
出た涙はあごの裏についた排水口から体内に戻って永久的に出続けるんだ!

f:id:nazison:20160429141956j:plain

怖いからやめて
 

f:id:nazison:20160429142430j:plain

ごめんよ!小学生の発想から生み出されたボクらは常人ではないのさ!
君こそどっちの口でしゃべってるんだい?
 

f:id:nazison:20160429141956j:plain

より尖ってる大きいほうの口でしゃべると拡声器ばりに大きい声がでるよ。
今は小さいほうの口でしゃべってる。
ちなみに体はこうなってるよ。

 

 

f:id:nazison:20160429161122j:plain

 

f:id:nazison:20160429142430j:plain

あぁ・・名札を見る限りつぐむくんにはモチーフがあったんだね。
これはギリギリアウトだからこれ以上話すのはやめておくよ。
 

f:id:nazison:20160429141956j:plain

ツネくんは優しいね。

ところでさ、宮城県の民話って聞いたことがあるかい?

f:id:nazison:20160429142430j:plain

民話?ん〜聞いたことがないな〜!
そもそもおらたちが民話に出てくる以上の化け物だし!

f:id:nazison:20160429141956j:plain

一里ある。
でね、今日は民話の中から「瓜子姫子」を紹介するよ。

f:id:nazison:20160429142430j:plain
うん!暇だし聞かせてー!

  

むかしむかしの話です。
あるところに爺さまと婆さまがおりました。
爺さまは山さ柴ば刈りにいって、婆さまは川させんたくさいったのです。婆さまがざぶざぶと、せんたくをしていると、瓜が流れてきたのです。「爺とたべっぺ」とひろって、家さ戻ってきました。


f:id:nazison:20160429142430j:plain

ん?ちょっと待って!既視感!既視感!
この話聞いたことあるよ!
所々訛りが入ってて桃が瓜に変わっただけじゃん!

f:id:nazison:20160429141956j:plain
ツネくんここでそんなわーわー言われたらこの話もっと長くなっちゃうんだ。
もう少し黙って聞いててね。

f:id:nazison:20160429142430j:plain 
・・・・・・うん。


半台さのせて二つに割ったら、中からめんこい女ごの赤ん坊が生まれたのです。
爺さまと婆さまは大喜びして、瓜子姫と名ばつけてめんこがって育てたのです。

 

 f:id:nazison:20160429141956j:plain
で、瓜子姫は爺さま婆さまに可愛がられ得意な機織りをして暮らしていたんだけど、あるとき二人とも家を出なくちゃいけない時があって、誰が来ても絶対戸を開けて出てはいけないよと瓜子姫に忠告するんだ。美人だって噂が村中に知れてたから不安だったんだろうね。

f:id:nazison:20160429142430j:plain 

なんか桃の話かと思ったら鶴の話になってきてない?
あれ?今この話どっちに向かってるんだ!

 f:id:nazison:20160429141956j:plain
でね、やっぱりそういうときって来るのよ。怪しいやつ。
「開けろ、開けろ」ってきかなくてついに瓜子姫が根負けして開けちゃうと......。


いきなり天の邪鬼(あまのじゃく)が入ってきたのです。
「とって食うぞ」と言って、
瓜子姫ばまな板の上さのせて切って食べてしまったのです。 
そして瓜子姫の皮ばはいで自分の顔さかぶり、着物も取り替えて知らんぷりをしていたのでした。


 f:id:nazison:20160429142430j:plain
いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁああ!!!!!!!!!
怖すぎるよぉ!!!!
展開の受け止め方がわからないよ!!

f:id:nazison:20160429141956j:plain
バッドエンドのストーリーでもここまで酷い描写は見たことがないよ。
妙にリアルに想像しちゃうよね、特に皮。

f:id:nazison:20160429142430j:plain


やめてぇーーー!!!


で?で?そのあとはどうなったの?いい話に戻るんだよね?ね?

f:id:nazison:20160429141956j:plain
そのまま数日なりすまして、機を織り続けてたんだ。
そんなある日、村の長者から使いがやってきて瓜子姫を嫁に貰うってことになってね、その次の日になりすました瓜子姫に水で顔を洗ってあげたら化けの皮がはがれて、そのまま天の邪鬼になって逃げていったそうだよ。

f:id:nazison:20160429142430j:plain

え、もしかして.....逃げただけ?

f:id:nazison:20160429141956j:plain
うん。

f:id:nazison:20160429142430j:plain
ごめん、この話は結局何なの!?
全然整理できないよ!

f:id:nazison:20160429141956j:plain
僕もわからないよ。
だから今日君に教えたんだ。
この混沌とモヤっとした気持ちをシェアするためにね。

f:id:nazison:20160429142430j:plain
底意地が悪い。
えーなんか嫌な話だー!
瓜子姫かわいそうー!


f:id:nazison:20160429141956j:plain
ちなみにこの話の終わり方にはいくつか説があって、帰ってきた爺さんと婆さんが異変に気づいて天の邪鬼の正体がわかると棍棒と竿でボコボコに殴りつけて仇討ちしたパターンもあるよ。

f:id:nazison:20160429142430j:plain
それもなんか嫌だよ!!

f:id:nazison:20160429141956j:plain
結局この話の何が教訓だったんだろうね。
じじいとばばあは意外と数日も騙せるぞってことかな?

f:id:nazison:20160429142430j:plain
それは違うよ!

f:id:nazison:20160429141956j:plain
教訓なんて関係ないんだろうね。
しかし瓜子姫になりすまして数日すごす天の邪鬼の動機が怖いよね。
どういう気持ちで機織りしてたんだか。

f:id:nazison:20160429142430j:plain
鬼って怖いねー。
へーしかしこんな民話が残ってるんだ!

f:id:nazison:20160429141956j:plain
そうなんだ。
有名な昔話に出世できずに地方に残る民話はまだまだ面白い話がたくさんありそうだよ。
ボクがここで語るのは宮城県の民話だけに留めておくつもりだけどね。

f:id:nazison:20160429142430j:plain
そうなんだー。
でも地元の話を知るのって面白いね!

f:id:nazison:20160429141956j:plain
そう!その気持ちを伝えたかった!
さすがツネくんは優しいね。


f:id:nazison:20160429142430j:plain

あーなんだか凄く疲れたよ......。
こんな話になると思わなかったし。
二人も疲れたよね?

f:id:nazison:20160429141956j:plain
ん?二人?誰のことだい?

f:id:nazison:20160429142430j:plain
あ、つぐむくん知らないっけ?
おらの姿はこうなってるんだ!


f:id:nazison:20160429214956j:plain




f:id:nazison:20160429141956j:plain

怖ぇぇぇ!!!!!!
お前が一番ヤバいだろ!!!!
鬼!!!!鬼めっ!!!!


f:id:nazison:20160429142430j:plain

あ、初めて大きいほうの口で喋った。